読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合唱手帳

20・30代の合唱愛溢れるメンバーが「歌う楽しさ」を伝えるために立ち上げた合唱サイト。

Nコン2017中学解説:「と」は舌が天井に当たる面積を広くしよう「僕にとって」

 

こんにちは、小春ういです! 今日はNコン中学校の部課題曲『願いごとの持ち腐れ』の発音についてお届けします。

 

 

「僕にとって」

「僕にとって」は喋った時のエネルギーの流れとは一致しないメロディーが当てられていて、言葉をきかせづらいところです。以下のように発音を工夫してみてください!

 

 

ポイント1:「ぼ」は口の中の空間の広さが大事

「僕にとって」を喋ったなら、音が一番高くなるのは「ぼ」です。それなのに楽譜では低い音が与えられています。

エネルギーの自然な高まりを表現するために、「ぼ」は唇をしっかり破裂させることよりも口の中の空間を広くすることを意識しましょう。

 

 

ポイント2:「に」は「と」に向かって閉じていく響きで

 「僕にとって」は、間に休符が入っているために「僕に」「とって」と聞こえてしまいがちです。これを防止するために発音を工夫しましょう。注目すべきは「に」です。

「に」と歌い始めたら、口の中の空間が閉じていくようにして歌いましょう。向かう先は「と」と言う瞬間の形です。舌が上の歯についている「と」の子音の状態へほんのすこしずつ移動しながら歌いましょう。

 

 

ポイント3:「と」は舌が天井に当たる面積を広く

「僕にとって」の「と」は喋ったときに比べて、歌うときに目立ちすぎになりやすい発音です。それは、舌が固くなってしまい、発音が鋭くなるから。

「と」の子音のとき、舌先を天井にくっつけますが、そのときに天井に当たる面積を広くするように意識しましょう。そうすると「と」の発音が少しやわらかくなり、この場所にちょうどいい発音になります。 

 

f:id:chorustips:20170518221209j:plain

 

Nコン課題曲の歌い方、好評連載中です。

 

月・木は高等学校の部課題曲『君が君に歌う歌』について。

作詞:Elvis Woodstock(リリー・フランキー)/作曲:大島ミチル

 

火・金は中学校の部課題曲『願いごとの持ち腐れ』

作詞:秋元康/作曲:内山栞/編曲:横山潤子 

 

水は、小学校の部課題曲『いまだよ』

作詞:宮下奈都/作曲:信長貴富 

 

について解説します!

 

 

〈ライター:小春うい〉twitterで記事のこぼれ話もつぶやき中@koharuui

日本語の歌唱を得意とする声楽家・合唱指導者。国立音楽大学卒業。基礎力を大切にした歌唱・指導が特徴。日本語音声学や朗読などを学び、知識を実践に結びつけることをライフワークとする。中学生の時、NHK全国音楽コンクール(通称:Nコン)全国大会出場。高校では合唱部を音楽的に推し進め、初出場で全日本合唱コンクール(通称:朝日コン)全国大会3位相当の特別賞を獲得した。大学・社会人になっても合唱やアンサンブルを続け、海外演奏旅行や海外コンクールなどの経験を持つ。