読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合唱手帳

20・30代の合唱愛溢れるメンバーが「歌う楽しさ」を伝えるために立ち上げた合唱サイト。

Nコンの歌い方:「風が流れた」あごの大きさに気をつけて歌おう!

 

こんにちは、小春ういです。今日は『いまだよ』についておとどけします!

 

「風が流れた」

 今日は「かぜがながれた」についてです。しずかにながれる音楽にあわせた言い方ができるようになりましょう!

 

ポイント1:「かぜが」は、あごをだんだんとじて

「かぜが」の母音だけみると「アエア」です。母音の大きさがちがいます。

何も考えずに歌うと、「か」と「ぜ」が大きくて「ぜ」が小さくなってしまいます。

でも、さいごの「が」より「かぜ」の方がたいせつです。

「が」はあごをとじめに歌って、目立ちすぎないようにしましょう。

 

 

ポイント2:「れ」は、ベロをかるく

「ハッキリ言おう!」とするとベロに力が入ってしまいます。

そうすることがよいこともありますが、「れ」のときはダメです。

「れ」のときにベロに力が入っていると「で」とにてしまうからです。

「れ」はベロをかるくうごかして歌いましょう。

 

 

ポイント3:「た」は、あごを小さめに

「ながれた」の「た」は、ア母音で思い切り口をあけたくなるところだと思います。

でも、ここではがまんしてください。

「ながれた」の「た」はフレーズをおさめるところです。

それにあわせてあごをあけすぎないようにしましょう。

 

 

f:id:chorustips:20170412000315j:plain

  

Nコン課題曲の歌い方、好評連載中です。

 

月・木は高等学校の部課題曲『君が君に歌う歌』について。

作詞:Elvis Woodstock(リリー・フランキー)/作曲:大島ミチル

 

火・金は中学校の部課題曲『願いごとの持ち腐れ』

作詞:秋元康/作曲:内山栞/編曲:横山潤子 

 

水は、小学校の部課題曲『いまだよ』

作詞:宮下奈都/作曲:信長貴富 

 

について解説します!

 

 

〈ライター:小春うい〉twitterで記事のこぼれ話もつぶやき中@koharuui

日本語の歌唱を得意とする声楽家・合唱指導者。国立音楽大学卒業。基礎力を大切にした歌唱・指導が特徴。日本語音声学や朗読などを学び、知識を実践に結びつけることをライフワークとする。中学生の時、NHK全国音楽コンクール(通称:Nコン)全国大会出場。高校では合唱部を音楽的に推し進め、初出場で全日本合唱コンクール(通称:朝日コン)全国大会3位相当の特別賞を獲得した。大学・社会人になっても合唱やアンサンブルを続け、海外演奏旅行や海外コンクールなどの経験を持つ。