読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合唱手帳

20・30代の合唱愛溢れるメンバーが「歌う楽しさ」を伝えるために立ち上げた合唱サイト。

Nコンの歌い方:「迷ってるうちに」。合唱人要注意発音の「よ」と「ち」の歌い方

 

こんにちは、小春ういです。Nコン中学校の部課題曲『願いごとの持ち腐れ』の解説は今週から火曜と金曜の配信となります! 引き続きお付き合いください!

 

「迷ってるうちに」

今日取り上げるのは「迷ってるうちに」です。この後に続く「黄昏」とセットで、とても印象的なサビの締めくくり。どんな音色でどんな発語で歌うかで読了感ならぬ聞いた後の印象が大きく変わりそうです。今回は、基本的な発語についてお届けします!

 

ポイント1:「よ」は「よ」。舌の奥一帯をサクッと持ち上げて

「ヤ行」の発音は歌い手にとって困りものの発音の一つです。ハッキリ発音しようという気持ちが大きくなると、力んでしまって音楽の流れを止めてしまう場合があります。

ときどき「よ」は「い→よ」と歌おうという指導がなされることがありますが、これは音声学的にいえば日本語の「よ」の発音ではなくなってしまうためオススメできません。

日本語の語感を大切にするという観点からはやはり「よ」は「よ」と発音していただきたいです。

舌の奥一帯をサクッと一瞬持ち上げるようにして、力を入れずに発音してみましょう!

 

 

ポイント2:「て」は開きすぎないで!

発音は前後の発音の影響を受けます。ここでの「て」は単体で歌うときよりも狭い音が適します。

「て」の前の「っ」は力みの度合いが高くつまった音ですし、続く「る」も子音で舌が天井に触れる発音です。この2つの狭い音の間にあるため「て」は十分に開いてはいられないのです。

前後の狭い音の影響で「て」も狭くなってしまう。これが語感を大切にした歌い方です。

 

 

ポイント3:「ち」は舌先の位置を深く

「ち」の発音はサ行と並んで、若者にとって難しい発音です。年配の方と若者では発音の仕方が変化してきているからです。

コンクールで歌うのは若者でも、審査する中には年配の方もいらっしゃいます。コンクールで誰が聞いてくださるかを考えると、年配の方々が聞いても違和感のない発音をした方がベターといえるでしょう。

「ち」の発音は、舌の先を下の歯の歯茎のあたりに押し付けるようにして発音しましょう。

若者は舌の位置がもう少し上で、上の歯と近づいてしまっている場合が多いです。いつもより舌の位置を深くするよう意識して発音してください!

 

f:id:chorustips:20170330181104j:plain

 

 

Nコン課題曲の歌い方、好評連載中です。

 

月・木は高等学校の部課題曲『君が君に歌う歌』について。

作詞:Elvis Woodstock(リリー・フランキー)/作曲:大島ミチル

 

火・金は中学校の部課題曲『願いごとの持ち腐れ』

作詞:秋元康/作曲:内山栞/編曲:横山潤子 

 

水は、小学校の部課題曲『いまだよ』

作詞:宮下奈都/作曲:信長貴富 

 

について解説します!

 

 

〈ライター:小春うい〉twitterで記事のこぼれ話もつぶやき中@koharuui

日本語の歌唱を得意とする声楽家・合唱指導者。国立音楽大学卒業。基礎力を大切にした歌唱・指導が特徴。日本語音声学や朗読などを学び、知識を実践に結びつけることをライフワークとする。中学生の時、NHK全国音楽コンクール(通称:Nコン)全国大会出場。高校では合唱部を音楽的に推し進め、初出場で全日本合唱コンクール(通称:朝日コン)全国大会3位相当の特別賞を獲得した。大学・社会人になっても合唱やアンサンブルを続け、海外演奏旅行や海外コンクールなどの経験を持つ。