読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合唱手帳

20・30代の合唱愛溢れるメンバーが「歌う楽しさ」を伝えるために立ち上げた合唱サイト。

Nコンの歌い方:「太陽が笑った」明るいイメージを作るために口をあけすぎないことも大切!

 

こんにちは、小春ういです。今日もNコン課題曲についておつたえします。

木曜日の今日は小学校の部課題曲『いまだよ』です。

 

 

「太陽が笑った」

今日は、「たいようがわらった」についておとどけします。「たいよう」も「わらった」も明るいイメージです。ただ、だからといってすべてを明るく歌えばいいというわけでもありません。

 

 

ポイント1:「い」は広めに口をあけて

「た」「い」「よ」「う」と一つ一つ分けてお話すると「い」は口をよこにひっぱって、口の中はせまくなります。

しかし、「たいよう」とお話すると、「い」はそれほどせまくありません。

これで歌えるように、「い」は広めに口をあけて歌いましょう。

 

 

ポイント2:「が」は口をあまりあけないで

「たいようがわらった」とお話するとき、あいての耳にとどけたいのは「たいよう」と「わらった」です。「が」はあまり強く出さないようにしましょう。

「が」だけは口を大きくあけて元気よく歌うのではなく、口をあまりあけないで歌いましょう。

 

 

ポイント3:「わらった」の「た」はていねいに

「わらった」の「た」は、ア母音なので思い切り口をあけて歌いたいところですが、ここはがまんです。「わらった」の「た」はあまり口をあけない音です。

小さい「つ」で力を入れたら、ていねいになるべくベロのうごきを小さく「た」と言いましょう。

 

f:id:chorustips:20170330023220j:plain

 

Nコン課題曲の歌い方、好評連載中です。

 

月・水・金は中学校の部課題曲『願いごとの持ち腐れ』

作詞:秋元康/作曲:内山栞/編曲:横山潤子 

 

火・木は、小学校の部課題曲『いまだよ』

作詞:宮下奈都/作曲:信長貴富 

 

について解説します!

 

 

〈ライター:小春うい〉twitterで記事のこぼれ話もつぶやき中@koharuui

日本語の歌唱を得意とする声楽家・合唱指導者。国立音楽大学卒業。基礎力を大切にした歌唱・指導が特徴。日本語音声学や朗読などを学び、知識を実践に結びつけることをライフワークとする。中学生の時、NHK全国音楽コンクール(通称:Nコン)全国大会出場。高校では合唱部を音楽的に推し進め、初出場で全日本合唱コンクール(通称:朝日コン)全国大会3位相当の特別賞を獲得した。大学・社会人になっても合唱やアンサンブルを続け、海外演奏旅行や海外コンクールなどの経験を持つ。