読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合唱手帳

20・30代の合唱愛溢れるメンバーが「歌う楽しさ」を伝えるために立ち上げた合唱サイト。

Nコンの歌い方:「夢が ひとつ」は舌が高い位置にあってだいじょうぶ!

こんにちは、小春ういです。今週もNコン課題曲の歌い方をお届けします。

月曜の今日は中学校の部課題曲『願いごとの持ち腐れ』について。

 

 

「夢が ひとつ」

今日取り上げるのは「夢が ひとつ」です。この曲の世界設定は「1回だけ魔法がつかえたら」ということです。何回でも魔法が使えるのではなく1回だけ。その「1回だけ」をテーマにこの曲が進んでいきます。「夢が ひとつ」はその大切な条件を伝える箇所です。「ひとつ」を情感豊かに歌うために、以下のポイントを意識してください!

 

ポイント1:「が」の母音は舌が高いままで

「が」の発音は、歌い手にとって考えどころな発音です。鼻濁音にするかしないか。これについては「摩擦音」がオススメと以前お伝えしました。

ここでは「が」の母音について見てみましょう。

実際に喋ってみると分かりやすいと思いますが、ここでの「が」は次に狭い音「ひ」が続くため、子音の後舌があまり下に下がりません。

歌う時も、これと同じように母音になっても舌を高い位置のままにしましょう。

そうすると前後のつながりが生まれて気持ちのこもった音色に聞こえます。

 

 

ポイント2:「ひ」は母音になっても舌の奥の高さをキープしよう

「ひ」の発音は響かせにくい発音で、歌う人にとって難しい発音の1つです。

この「ひ」のチャームポイントはその「息がこすれるような子音の音」です。

この音をしっかり聞かせるために、舌の奥をしっかり持ち上げましょう。

子音のタイミングに合わせるように舌の奥を持ち上げるのではなくて、母音に入ってもその高さをキープすると、ていねいで程よい緊張感のある発音になります。

 

ポイント3:「つ」は気持ち短めに

「夢が ひとつ」の後には「叶うならば」が続きます。

「叶うならば」の「か」をテンポよく鳴らすためには、拍の頭で母音を鳴らさなければなりません。ということは、「か」の子音はそれよりも前もって発音することになります。

ですので、「ひとつ」の「つ」は少し短めにして「か」の準備を早めに行いましょう。

 

f:id:chorustips:20170327003236j:plain

 

Nコン課題曲の歌い方、好評連載中です。

 

月・水・金は中学校の部課題曲『願いごとの持ち腐れ』

作詞:秋元康/作曲:内山栞/編曲:横山潤子 

 

火・木は、小学校の部課題曲『いまだよ』

作詞:宮下奈都/作曲:信長貴富 

 

について解説します!

 

 

〈ライター:小春うい〉twitterで記事のこぼれ話もつぶやき中@koharuui

日本語の歌唱を得意とする声楽家・合唱指導者。国立音楽大学卒業。基礎力を大切にした歌唱・指導が特徴。日本語音声学や朗読などを学び、知識を実践に結びつけることをライフワークとする。中学生の時、NHK全国音楽コンクール(通称:Nコン)全国大会出場。高校では合唱部を音楽的に推し進め、初出場で全日本合唱コンクール(通称:朝日コン)全国大会3位相当の特別賞を獲得した。大学・社会人になっても合唱やアンサンブルを続け、海外演奏旅行や海外コンクールなどの経験を持つ。