読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合唱手帳

20・30代の合唱愛溢れるメンバーが「歌う楽しさ」を伝えるために立ち上げた合唱サイト。

Nコンの歌い方:「きっと世界の誰もが」促音は閉じていく音色変化が大切

 

こんにちは、小春ういです。

今日もNコン中学校の部『願いごとの持ち腐れ』の発音についてお届けします。

 

「きっと 世界の誰もが」

今日取り上げるのは「きっと 世界の誰もが」。女声版でも混声版でも初めて全員が揃って歌い出す箇所です。ぴったりと揃った強いユニゾンがスタートできるよう、以下の3つのポイントを活用してください!

 

 

ポイント1:「きっと」は閉じていく音色変化を聞かせる

「きっと」は、気持ちのこもった言葉で、促音を上手く使えばそれを上手く表現できます。

しかし促音は、ぶっきらぼうに聞こえてしまったり、ただ元気よく聞こえてしまったりすることの多い音です。

そうなる理由の多くは、発音が分断されてしまうから。「っ」の間、音がなくなればいいんでしょ、と解釈しているとそうなってしまいます。

 

促音は「閉じていく音色変化」が聞こえることが大切です。

 

「きっと」の場合では、「き」から「と」に向かって徐々に狭まっていく音色変化を聞かせましょう。

「い」がレの音になるとほぼ同時に舌を「と」の位置に近づけていくように歌ってみてください。

 

 

ポイント2:「か」は舌を下げて発音

「きっと」がひとつなぎの発音になったら、続く「世界」の発音も口がパクパクしないように気をつけましょう。

口がパクパクすると響きの乱れにつながります。思い切り動かすのは口ではなく舌にしましょう。

 

「世界」の発音では特に、「か」を「アゴを開く」よりも「舌を下げる」というイメージで発音しましょう。

 

 

ポイント3:「誰もが」は声帯鳴りっぱなし

子音には有声子音と無声子音があります。

子音を発音している時に、声帯が鳴っているか鳴っていないかという違いです。

声帯が鳴っている方が声が遠くまで届きやすいので、合唱においては有声子音で声帯を止めない技術が大切です。

 

例えば、「誰もが」の子音はすべて有声子音。

つまり、この間声帯は鳴らしっぱなしで歌えるということです。

 

といっても「だ」「も」「が」の子音の前で無意識に声帯が止まってしまわないよう気をつけましょう。

 

f:id:chorustips:20170314195150j:plain

 

Nコン課題曲の歌い方、好評連載中です。

 

月・水・金は中学校の部課題曲『願いごとの持ち腐れ』

作詞:秋元康/作曲:内山栞/編曲:横山潤子 

 

火・木は、小学校の部課題曲『いまだよ』

作詞:宮下奈都/作曲:信長貴富 

 

について解説します!

 

 

〈ライター:小春うい〉twitterで記事のこぼれ話もつぶやき中@koharuui

日本語の歌唱を得意とする声楽家・合唱指導者。国立音楽大学卒業。基礎力を大切にした歌唱・指導が特徴。日本語音声学や朗読などを学び、知識を実践に結びつけることをライフワークとする。中学生の時、NHK全国音楽コンクール(通称:Nコン)全国大会出場。高校では合唱部を音楽的に推し進め、初出場で全日本合唱コンクール(通称:朝日コン)全国大会3位相当の特別賞を獲得した。大学・社会人になっても合唱やアンサンブルを続け、海外演奏旅行や海外コンクールなどの経験を持つ。