読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合唱手帳

20・30代の合唱愛溢れるメンバーが「歌う楽しさ」を伝えるために立ち上げた合唱サイト。

Nコン課題曲はこう歌え!「涙なんか」を歌うための3つのポイント

願いごとの持ち腐れ Nコン課題曲解説 合唱指導者:小春うい 発語

 

週末に、NHK全国音楽コンクール、通称Nコンの課題曲が発表されました!

「合唱手帳」ではこれから、Nコン課題曲の解説記事を連載します!

 

その企画の1つは、小春ういによる歌詞の扱い方講座。

今回は、中学校の課題曲『願いごとの持ち腐れ』より、「涙なんか」の部分の解説です! 

 

「涙」「なんか」を「涙なんか」と聞かせたい

喋る時は「涙なんか」って繋がれるものが、「涙」「なんか」と分けて歌うメロディーにになっています。

これを「涙なんか」と聞かせるにはちょっとした技術が必要です。

 

気をつけるべきは、「涙なんか」の2つ目の「な」。

「涙んか」。この太字の部分です。

 

ポイント1:「涙」と「なんか」の間で息を吸わない

まずは、「涙」と「なんか」の間で息を吸わないこと。

ブレス音が聞こえてしまうのはゼッタイNGです。

とても気をつけてブレス音が聞こえないようにブレスをしたとしても、やっぱり歌が一回ゆるんでしまうのでNGです。

身体をゆるませないままブレスをするのは、プロでもほとんど不可能です。

 

ポイント2:「涙」と歌った後口を閉じない

「涙」と「なんか」の間で口が一回パクっとしてしまうこともNGです。

息は吸っていなかったとしても、口が動けば、やっぱり歌はゆるんでしまいます。

休符は「だ」を言い終わった、口が空いた状態で待ちましょう。

そしてそのまま「な」を歌ってください。

そうすれば、「涙なんか」と言ってる状態に近づきます。

 

ポイント3:「涙」の「だ」より「なんか」の「な」をちょっと小さくする

最後のポイントは、「涙」の「だ」より、「なんか」の「な」をちょっと小さくすることです。

「涙なんか」と喋ってみましょう。

このとき、「みだんか」と2箇所が強くなるのではなく、「みだなんか」と最初だけが強くなる発音をしているはずです。

これに近づけるために「涙」の「だ」より、「なんか」の「な」をちょっと小さくしましょう。

 

 

f:id:chorustips:20170312220739j:plain

 

 

明日も、『願いごとの持ち腐れ』についてお伝えします!

 

 

〈ライター:小春うい〉

日本語の歌唱を得意とする声楽家・合唱指導者。国立音楽大学卒業。基礎力を大切にした歌唱・指導が特徴。日本語音声学や朗読などを学び、知識を実践に結びつけることをライフワークとする。中学生の時、NHK音楽コンクール全国大会出場。高校では合唱部を音楽的に推し進め、初出場で全日本合唱コンクール全国大会3位相当の特別賞を獲得した。大学・社会人になっても合唱やアンサンブルを続け、海外演奏旅行や海外コンクールなどの経験を持つ。