読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合唱手帳

20・30代の合唱愛溢れるメンバーが「歌う楽しさ」を伝えるために立ち上げた合唱サイト。

アンコンを探している合唱団へ。福島・宝塚・軽井沢のアンコンはいかが?

こんにちは、「合唱手帳」編集部です。

本日は、 朝日コンクール*や各都道府県のアンコンなどお決まりではないコンクールをお探しの方に、3つの少人数合唱のためのコンテストをご紹介します。

*全日本合唱コンクール詳細はこちら 

 

歌を磨く機会が欲しい方も、聞き専の方も、行かれてみてはいかがですか?

 

声楽アンサンブルコンテスト全国大会:一般部門

ー感動の歌声 響け、ほんとうの空に。ー というサブタイトルの通りとても響きの良いホールで行われるコンクール。残響は満席時でも2.5秒。本選はハイレベルかつ演奏時間は15分と長いため、質の高い演奏会としても楽しめます。

 

〈概要〉

・開催日:3月19日(日)・20日(祝月)

・開催地:福島市音楽堂 

※一般部門の他に、中学部門・高校部門あり

 

〈参加するなら〉

・申込方法・締切り:メールor郵送にて1月6日締切り ※公募の場合。他にも応募方法あり

・演奏内容:人数は2名〜16名。課題曲なし、伴奏は自由。演奏時間は、部門別は10分以内、本選は15分以内。

・参加料:無料

・賞:全団体が金・銀・銅のいずれかを受賞する。総合1位は50万円・2位は30万円・3位は10万円、その他本選出場団体は3万円の副賞。

 

〈聞きに行くなら〉

・チケット:部門別当日券2,500円、本選当日券3,000円

 

詳細はこちら

 

 宝塚国際音楽コンクール

 ー少人数による室内合唱の普及と音楽に依る国際交流の推進ー を目的に1984年から開催されている。2016年度は総合1〜3位をラトビアと韓国に独占されるなど、日本にあって世界の合唱水準に触れることのできる数少ないイベント。

 

〈概要〉

・開催日:7月22日(土)・23日(日)

・開催地:宝塚ベガ・ホール

  

〈参加するなら〉

・申込方法・締切り:2,000円の審査料を払い録音・録画審査。2月28日必着

・部門:ルネサンスバロック、ロマン派、近現代、無差別級の4部門

・演奏内容:人数は8〜20名(無差別級のみ2〜20名)。伴奏は自由、課題曲はなし。演奏時間は10分以内(無差別級のみ6分以内)

・参加料:1部門につき20.000円/無差別級のみ10,000円

・賞:部門ごとに金・銀・銅を授与。総合1位は50万円、2位は30万円、3位は10万円の副賞を授与。無差別級は、1団体に「徴収審査特別賞」を授与

 

〈聞きに行くなら〉

・チケット:部門別当日券2,500円、本選当日券3,000円

 

詳細はこちら 

 

軽井沢国際合唱フェスティバル 2017:アンサンブルコンテスト

松下耕先生が音楽監督を務める耕友会主催の「軽井沢国際合唱フェスティバル」の一環として行われる。

 ー競い合う合唱から認め合う合唱へー がモットーのフェスティバルの中にあって唯一審査のあるイベント。とはいえ、演奏時間を超過しても失格や減点にならないなどアットホームな雰囲気で行われる。

 

〈概要〉

・開催日:8月26日(土)

・開催地:軽井沢大賀ホール

 

〈参加するなら〉

・申込方法・締切り:メールor郵送にて4月10日締切り

・演奏内容:人数は3〜16名。演奏時間は8分以内。ア・カペラ、課題曲なし

・参加料:1団体10,000円+1人あたり6,000円

・賞:例年、1〜3位と観客賞

 

〈聞きに行くなら〉

・チケット:例年、3日間に渡って開催される「軽井沢国際合唱フェスティバル」の全てのイベントに参加できるパスと、各イベントに参加できるチケットが発売されます。3日間パスは16,000円の予定だそうです。 

詳細はこちら

 

 

以上、どの地域に住んでいたとしても参加できる少人数合唱のためのコンクールをご紹介しました。

他に開催されているコンクールをご存じの方でしたら教えてください!