読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

合唱手帳

20・30代の合唱愛溢れるメンバーが「歌う楽しさ」を伝えるために立ち上げた合唱サイト。

Nコン特集:「大きく伸びをして」音がかわっても口をパクパクしないで歌おう

こんにちは、小春ういです。今日もNコンの課題曲についておとどけします! 「大きく伸びをして」 木曜日の今日は小学校の部『いまだよ』から。「大きく伸びをして」という歌詞の歌い方をおつたえします! ここははじめてパートが分かれるところ。歌うタイミ…

Nコン特集:「叶うならば」の鍵は「鳴りっぱなし」と「大大小」

こんにちは、小春ういです。今日もNコン課題曲の発音についてお届けします! 「叶うならば」 今日は水曜なので曲は、中学校の部課題曲『願いごとの持ち腐れ』。冒頭の歌詞より、「叶うならば」を取り上げます。歌いはじめの最初の8小節をしめる箇所。ていね…

Nコン特集:「僕の中でふりかえった君」3つのお休みのちがい

こんにちは、小春ういです。今日もNコン課題曲についてお届けします。 「僕の中でふりかえった君」 火曜日の今日は小学校の部『いまだよ』について。この前のつづきの「僕の中でふりかえった君」の、3回出てくるお休み(休符)についておつたえします! ポイ…

Nコン特集:「一度きりの」は「ち」で舌をしっかり下げることが大切

こんにちは、小春ういです。今日もNコン課題曲についてお伝えします。 「一度きりの」 今日取り上げるのは1番のサビから「一度きりの」。低い音で付点のリズムが使われていて、ポコフォルテで歌うには技術が求められる場所です。歌詞を喋るための労力を少な…

Nコンの歌い方:「きっと世界の誰もが」促音は閉じていく音色変化が大切

こんにちは、小春ういです。 今日もNコン中学校の部『願いごとの持ち腐れ』の発音についてお届けします。 「きっと 世界の誰もが」 今日取り上げるのは「きっと 世界の誰もが」。女声版でも混声版でも初めて全員が揃って歌い出す箇所です。ぴったりと揃った…

Nコン特集:「君の中で眠ってる僕」の言い方のポイント3つ

こんにちは、小春ういです。 Nコン特集、今日は小学校の部の課題曲『いまだよ』についてお届けします! 「君の中で眠ってる僕」 今日は、始めの「きみのなかでねむってるぼく」についてです。 「君の中で」はゆったりとしていて、「眠ってる僕」でうごきが出…

Nコン課題曲特集:「もしも魔法が使えて」。合唱人の鬼門「し」と「ハ行」の発音

こんにちは、小春ういです。今日も、『願いごとの持ち腐れ』の歌詞についてお届けします! 今日は歌い出しの「もしも 魔法が使えて」です。 「もしも 魔法が使えて」 歌にとって歌い出しはとっても大切です。1曲とおして集中して聞いてもらえるかどうかは歌…

Nコン課題曲特集:「願いごとの持ち腐れ」ガ行は摩擦音で歌おう!

こんにちは。小春ういです。本日も、Nコン中学校の部課題曲『願いごとの持ち腐れ』の歌い方の解説をお届けします。 今回はタイトルでもある「願いごとの持ち腐れ」の発音についてです。 「願いごとの持ち腐れ」 「願いごとの持ち腐れ」とはとても印象的なフ…

Nコン課題曲はこう歌え!「涙なんか」を歌うための3つのポイント

週末に、NHK全国音楽コンクール、通称Nコンの課題曲が発表されました! 「合唱手帳」ではこれから、Nコン課題曲の解説記事を連載します! その企画の1つは、小春ういによる歌詞の扱い方講座。 今回は、中学校の課題曲『願いごとの持ち腐れ』より、「涙なんか…

初出場全国3位は「どこを改善したらもっと良くなるだろう?」の文化があったから

こんにちは、小春ういです。 今回は、高校2年生の時、初出場で朝日コンクール全国大会特別賞入賞を果たしたときのお話をしたいと思います。 正式に部活になってわずか3年目 私の通った高校には合唱部はありましたが、同窓会から部活になりたてでコンクール出…

「練習中:本番はできるはず」「本番中:できるはずのことができない」本番恐怖症だった頃

こんにちは、小春ういです。 ーー私には、本番恐怖症だった時期がありました。 練習大好き。本番怖い。 練習は毎回成長感があって楽しいけど、本番は緊張して自分をうまくコントロールできないから嫌だ。 強がって「人前で歌うとかじゃなくて、歌ってること…

合唱人のよくある癖20選

こんにちは。小春ういです。 先日、清水ひなたさんが合唱人の癖についてお話されていました。 これに合わせて、合唱人のよくある癖一覧をお届けします! 見た目の癖10選 1. メロディーに合わせて体が揺れる 2. 単語ごとに頭が揺れる 3. 息を吸う時に口が大き…

語感を、外国語では大切にするのに日本語で疎かにする日本人。

クラシック音楽の歌い手には、日本語以外の言語を歌うことに慣れている人が多くいます。 声楽であれば、まずイタリア語の曲をお勉強し、次にお勉強する言語として、多くの場合ドイツ語やフランス語が選ばれます。 合唱であれば、ラテン語もスタンダードな言…

「鼻濁音かどうか」ではない。一番使われるのは「第三のガ」。

合唱人は日本語の発音に関してときに選択を迫られます。 その一つは「ガ」の発音。 楽譜に書いてある「が」を鼻濁音にするのかしないのかという問題です。 今回は、小春ういがこの問題に答えます。 そもそも「ガ」の読み方の選択肢は3つだよ 多くの歌い手は…

「宗教曲っぽくない」って時に読んでほしい。ラテン語の発音:「Salve Regina」

合唱祭や合唱コンクールの講評で、ときどきこんな言葉を書かれているのを目にします。 「宗教曲が宗教曲っぽく聞こえない」 世俗曲と比べたときの宗教曲の特徴の一つは「一本ぐっと強固な芯が通っているようなかんじ」といえるでしょう。 それの表現を乱して…

1拍の感じ方、間違ってるかもよ。ラテン語発音講座「et」

こんにちは、小春ういです。 今日はラテン語「et」の発音についてお伝えします! 「et」は英語の「and」に相当する接続詩。 「Gloria」や「Salve Regina」などに登場します。 「Gloria」……「et in terra pax ominibus」「Saive Regina」……「et jesum benedic…

プロ並みの合唱団が本番中に立ち位置を変更するほど並びにこだわった理由

「どんな形で並ぼうか」「パート内の並びはどうしようか」「弧を描く? 真っ直ぐに並ぶ?」と並びを念入りに決める合唱団もあれば、並びを全く気にしない合唱団もあります。 なぜ、並びの重要度が合唱団によってこうも違うのか。 今回は小春ういがその理由に…

歌詞の発音はこう読み解け!『椰子の実』に出てくる5つの「な」を分析してみた。

こんにちは、小春ういです。 今回は、「一つの発音は、前後の発音の影響を受ける」ということを『椰子の実』を例にお伝えします。 『椰子の実』の1番の歌詞には「な」が5回出てきます。 名も知らぬ 遠き島より流(なが)れ寄る 椰子の実一つ 故郷の岸を 離(…

発音を揃えるには見た目よりも中身が大事。顎を動かさずに歌う技術を身につけよ

解剖学の視点から歌い手の身体を読み解く連載。今回は「合唱手帳」編集部に変わり、小春ういが、音声学の視点をプラスしてお届けします。 見た目を揃えれば発語が揃う……? 「あ」は大きく口を開いて「い」は唇を横に引っ張って「う」は唇を前に突き出して「…

脱「カタコトの歌」。歌詞の意味を深める前に、歌詞の発語を分析しよう

「歌詞はよく聞こえるけど、気持ちがこもってない」 「素直に歌うことはできるけど、色気が無い」 こう言われたら何をしますか? 作詞家の経歴を調べる?歌詞の意味を深める?歌詞の情景を絵に書く? その前に、自分の歌に関する技術を見直してみましょう。 …

上手い合唱団は個人練習が充実している

ーー成果は才能ではなく「やりきる力」と比例する グリットという概念が注目されています。 やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける 作者: アンジェラ・ダックワース,神崎朗子 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 …

服の色を合わせるように、発語のトーンをあわせよう。「黄色とピンクの話」

「本当にそう思って歌ってる?」と言われ悔しい思いをしたことはありませんか? 私は学生の頃、先生にこう言われ、心がないのかな? 鈍感なのかな? と思い悩んだ頃がありました。 しかし、今は足りなかったのは心ではないと断言できます。 足りなかったのは…